計量な話(withings health mate) – ダイエット日記

スクリーンショット 2017-02-04 11.14.43
私自身一般的には数字は好きな方かもしれません。だからと言ってなんですが、数字を見ると楽しくなったりします。仕事でも勝手に数字を出してほくそ笑んでいたり。んで自分のこととなるとよりって感じでしょうか。別に学生時代数学が好きだったと言うことは全くないです。単に指標として数字があるとプロセスとか目標がわかりやすいなぁと言うだけなんだと思います。さていろんなデバイスとアプリを紹介してきましたが最終的に集約されるのがこのアプリ。Apple Healthcareでも良かったのかもしれませんが私はiPhone持ちではないので+体重計と活動量計の組み合わせもありwithings health mateを使うことにしました。
いったい何がわかるのかと言うと体重、体脂肪量、心拍数、一日の活動量(歩数/消費かロリ)、睡眠時間、摂取カロリです。iOS、AndroidアプリもありますがわかりやすいのでWebの画面で紹介しますね。

体重
スクリーンショット 2017-02-04 11.15.05
withings bodyの結果が履歴として蓄積されます。さて今の状況はMAX時から-10kg減。やり過ぎかもしれません。本当にリバウンドが怖いです。

体脂肪量
スクリーンショット 2017-02-04 11.15.33
これも体重同様withings bodyの計測結果が蓄積されます。当初は順調に減ってきていたのですが、いつの間にやら増えてしまっています。う〜〜ん、まだまだ燃やせる脂肪があると積極的な考えもあるのですが、筋肉が消滅していると言うこととなると話は別です。筋トレも少しずつ始めました。基礎代謝量アップのためにも筋肉量は増やしたいです。

心拍数
スクリーンショット 2017-02-04 11.15.58
Steel HRが常に私の心臓の鼓動を監視してくれています。走るときはSoundSport Pulse wireless headphonesで音楽聴きながらRunkeeperに記録していますが、普段はこちら。まぁ欲を言うとキリがないのですが自分が運動時じゃなくて脈拍数が多いときは「あぁあの瞬間だなぁ」と思い出させてくれます。と言うのは嘘ですが山とか登るときはかなり助けになってくれると思います。(息が上がっている時の状況とか把握できたりとか)。

活動量(歩数)
スクリーンショット 2017-02-04 11.17.30
これもSteel HRで計測した結果が同期されます。ちょっと気になるのがドラム演奏時の活動量なのですが腕につけていることもあってちょっと数値が高いんじゃないかと思います。かなりのエネルギーを消費する記録がされるんですが実際のところどうなんですかね。今のところその他エクササイズとして記録を残しています。さすがに球蹴りとかは腕時計つけたままプレーは厳しいのでそれは別途つけるしかないっすね。もちろんRunkeeperの結果は連携されますよ。

摂取カロリ
スクリーンショット 2017-02-04 11.17.59
これはmyfitnesspalのデータが連携されます。摂取可能カロリーは体重とか体脂肪率を加味してその時の体の状態で適宜変更されます。消費カロリーはここに登録されたものが反映されるのでmyfitmesspalよりも沢山食べてもいいよと言ってくれるのがうれしいです。(myfitnesspal側にもwithingsの消費カロリーは連携されますが相殺基準が厳しいようです。Runkeeperはそのまま消費カロリーとして記録されます。)

睡眠時間
スクリーンショット 2017-02-04 11.17.43
多分私の一番の問題点はこれ。Steel HRでは計測できていない時もありますが、本当に睡眠時間は自覚できるほど少ないです。疲れが足りないとかも思ったのですが、そう言う問題ではなさそうです。単に睡眠障害なのかもしれないのですが、普段昼間に眠くなることもないしよほどのことがない限り体調もさほど悪くないです。脳波計を入手してみた結果(と言ってもこの装置をどれだけ信じることが出来るかと言うこともありますが)、α波が普段からでまくっている見たく、これが睡眠時間が少なくてもあまり影響が出ないことに関係があるのでしょうか?さっぱりわかりませんしこのデバイスを信じていいのかもわかりません。まぁ本当に眠いときは継続して寝ることもできるので大丈夫だと思いますが。(以前は覚醒手形と言っていましたがいまでも覚醒手形いっぱい発行しまくりです)。
ファイル_000

あとバッジですか。
スクリーンショット 2017-02-04 12.17.12
いろいろマイルストーンを達成すると勲章がもらえる感じです。トータルのバッジは多分その場所の周回距離なんでしょうね。こういうの大事。まぁちょっとした近未来目標ができます。しかしながらiOSアプリだと知らなかったのですが、高低差のバッジってなんなんだろ?

まぁそんな感じでいろいろ自分のことがわかったつもりでいるのが楽しいという感じですね。さて最終目標はどこにって?もちろん2020年です。って何が?ですが。