タグ別アーカイブ: magnolia

magnolia 映画 Tom Cruise

え?まだ1ヶ月しか経ってないの?

あれから一ヶ月が経過した訳なんだけど、
何か自分が変ったのかどうかはいまいちよくわからないです。
ただし、自分自身の経験上
こんなにいろんな事があった一ヶ月はなかったなというのが本音。
こんなに沢山の人に出会ったり、再会したり、
いろんな事を考えたり、行動したり。
ちょっと贅沢すぎ。
一ヶ月前がはるか遠くに見えたりしたりします。
最初に変ったのかどうか書いたのだが、明らかに変ったんだと思う。
精神的なダメージは2年以上前から続いていたのですが、
いつかはそうなるんだとわかっていながら、
実際その瞬間になった時に更に大きなダメージがあるんだと言う事。
姉は最期は両親にしっかり守られ、多くの人に楽しく見送ってもらえて、
とても幸せだったんじゃないかな。
自分自身はそんな中で、
いろんなリスクをイメージし最終的にここまでやらなくちゃと思い、
その結果がすべて出た。
いや、全てではないんだけど、
最終的にその結果に繋がったという事だったら全てとも言える。
自分の甘えとか逃げている事とか何となくわかり始めてきているのは確か。
だからこれから何をするって言う訳じゃないけど、天職は見つけたと思う。
そのためにもっと勉強したいし、もっと沢山の人と出会いたい。
なぜなら、面白い。自分が楽しめないと人と一緒に楽しめない。
楽しむためには知識は必要。
一瞬でエベレストの頂上まで行ける能力があればいいのかもしれないけど、
自分にはそれがない事はわかった。
結局一歩一歩進んでいくしかないんだよね。
でも、やり方によってはいくらでも可能性はあるんだよね。
今回、これを知らせてくれたのは姉。本当に感謝。
いろんな思い出があるけれど、悔しい思いは忘れない。
それは、自分に取って今後やる事全てに関係してくると思うから。

まずは一番好きな人を大事にする事がその第一歩かな。
なんで、突然ドロンパがあったりしても、攻めないでください。m__m
といいつつ、自分が一番好きなのは変らないか^^;

まぁ、のんびり行きます。
田舎暮らしもちょっとできたし、
あちらにも強い協力者も見つける事ができた。
コンピュータがなくても、自分の力は発揮できる事も確認できたし、
人に教える事も学ぶことができて、
それが自分の気づきにもなるという事も。

本当の意味で自分の人生が始まるときが来たのかな。

もう言い訳は許されんよね?
楽しく行きますので、まだまだ関係者には迷惑かけます。

そんなshumatzと今後ともおつきあいください。

よろしくお願いしま〜す^^

こんな時に聴きたいね。 やっぱりAimee Mann

Live at St.Ann’s Warehouse by Aimee Mann

実際に見てからすでに10日以上たっているのですが、そのときのメモを確認して思い出しながら書いてみます。
えっと、確かtwitterでつぶやいていたな。それも参考にしよう。

まず一番気になったのはThank you so muchでしょう。
何度言ってるんでしょうか?日本公演のときもかなり言ってましたね。

このライブではAimee Mannに加えメンバーはKey, Guitar, Bass, Drumsという構成です。
8月のときに見た3人でいろんな楽器を回すパターンも悪くないですが、個人的にはこちらのほうが好み。

Aimee Mannは演奏しているときに、たまにリズムに乗ってか肩から引く仕草がとても魅力的です。
Thank you so much.
マグノリアの曲で盛り上がるのは日本もあちらも一緒ですね。

個人的に同じ楽器ということでドラマーがえらい気に入りました。
Mothで太もも叩いているのはいったい何なのか?
ベルを右手に叩くとか。マラカスをスティックを一緒に持って叩くとか。
とても勉強になったのは確かです。

ライブそのものはアットホームでお客さんがとても近くに感じられ、
彼女の雰囲気が出ているのかなと思っています。
MJやマドンナ見たいなザッツエンターテイメントとは対極。
あちらはあちらでよいのですが私自身はどちらかというとお客さんが近いほうが好みです。
あちらのライブではチューニングなんかご法度なんだろうな。

ということでぜんぜんレビューになってないけど、とりあえずこの辺で終わりにしておきます。
以下、視聴時のつぶやき。もっと書いていると思っていました。

DVD見終わりました。今度はフルバンドで来てほしい。レビューは今blogでします。リズムの取り方が魅力的です。
Thank you so much!! #
エレキはepiphoneだ #
para Japon #
Watching DVD of @aimeemann ‘s Iive. Me encatnta el chico de la bateria!!!. I wish she comes with her full band next time. #
ハマコーさんえらいな。こんなじぃじにおれもなろう! RT @555hamako: で、明日からiphoneの使い方勉強します #
Save me ピアニカ #
アコースティックギターはGibson製? #aimeemann #
wise up #magnolia のシーンを思い出します。 #
amature は Aimee Mannがベース弾くのね #aimeemann #
aimee mannのDVD鑑賞中。カッコいい。 #

Save Me

私を救ってと歌っているこの曲実際どんなつくりになっているのでしょう?ということでまずは私が耳コピしたコード。
|Gm7 D/F# |Gm7 D/F# |Gm7 D/F# |Gm7 D/F# |
|Gm7 D/F# |Bb/F C/E |Bb Eb |Bb D |
|Gm7 D/F# |Bb/F C/E |Bb Eb |Bb F |
|Eb Gm |Cm   |Eb Bb |Eb   |
|Eb Gm |Cm   |Bb D |Gm Cm |
|Bb Eb |Bb D |
|Gm7 D/F# |Bb/F C/E |Bb Eb |Bb D |
|Gm7 D/F# |Bb/F C/E |Bb Eb |Bb F |
|Eb Gm |Cm   |Eb Bb |Eb   |
|Eb Gm |Cm   |Bb D |Gm Cm |
|Bb Eb |Bb D |
|Eb Bb |Ab Eb |Eb Bb |Ab Eb |
|Gm Cm |Gm Cm |Bb Ab |
|Eb Gm |Cm   |Eb Bb |Eb   |
|Eb Gm |Cm   |Bb D |Gm Cm |
|Bb D |Gm Cm |Bb Eb |Bb D |(2/4)D |
|Gm7 D/F# |Bb/F C/E |Bb Eb |Bb D |
|Gm7 D/F# |Bb/F C/E |Bb Eb |Bb F |
|Eb Gm |Cm   |Eb Bb |Eb   |
|Eb Gm |Cm   |Bb D |Gm Cm |
|Bb D |Gm Cm |Bb Eb |Bb D |
この曲もまぁえらいとしか言いようがないですな。
Aimee Mannの曲は非常に考えられているというか結果そうなっているのかというか、よくできています。
Gm展開していたのを代理のBb、Ebで置き換えたりいろんな可能性を教えてくれます。
曲の構成についてはタイコの私としてはキックの使い方とミキシングがかなり気になります。
キックについてはボトムを支えるということ以外にブラスバンドの大太鼓的なアプローチがとても興味深いです。普通にビートでその音入れたらかなりシツコイベードラの音になりそうな感じですが、アンサンブルの一つとして成り立っています。
と思っていたのですが、ライブの模様を見たら低音を出しているのはフロアタムでした。この映像で見る限り布でミュートして音をかなりタイトにしているようです。
あと、2分14秒から展開されるブリッジの部分でかなりドキッとしてしまうのですが、よく聞いていると、ドラムパートのPAN(チャネル)が右からセンターに移っているんですね。(また右に戻りますが)
アコーディオン、ピアニカ、ファゴット(だと思う)の音の絡みもとても印象的です。
トレモロを利かせたエレキギターも私好み。あとギターでいえばブリッジ部分の”ピロリロリ”。(と以前書いたメモにありました。)
そんなことを意識しつつ、この曲を聴いて「ピロリロリ」を見つけてください。