Ketta Machine」タグアーカイブ

A Stream To The Castle by Ketta Machine – イギリス中部の散歩が楽しい田舎町 –


あ!ケニルワースの話は既にしてましたね。
この曲は一番最初に手がけた曲。イングランド代表のキャプテンやるじゃん「ハリケーン」とか言いながら創っていたような。創っていた当初はサッカーの試合見ながら「それ黄色札!」とかの流れでそう言うタイトルにしちゃおうと思っていましたが、改めて僕らがその時にいた町に関した方がいいじゃんと言うことで「A Stream To The River」としました。
曲の根幹はTomoのベースラインを基に肉付けをしていき、最終的に鎌塚順二氏にリードギターを加えた作品となっております。
映像は僕らがその時に一緒にいたケニルワースを中心にイギリス在住の日本人の方々からいただいた写真を基に構成しております。(砂の城はホント感動しました、マジで。)
って最終的に至ったのはEl Cammino じゃん!みたいな。。。まぁ何事も道筋はあるって事で。ホント綺麗な映像といい曲に仕上がりましたわ。
次回はどんな感じになるんかねぇ。っt次は穴沢か。。。Blogも色々忖度しながら書かないけないねぇって、あんま考えてないけど。。。

El Camino by Ketta Machine – 新しいバンドはじめました –


2018年6月イギリスの友人宅に居候しており、そこでは日本から依頼されていた仕事をするほか、近所のフットパスをジョギングや散歩したり過ごしていました。
友人の名は「Tomo」、町の名は「Kenilworth」。
Kenilworthはイギリス中部にある田舎町でとてもきれいなところ。散歩やジョギングするのもとても楽しい場所で是非も一度行きたいです。
またその時、ちょうどロシアワールドカップが開催されていて、日本とコロンビアのゲーム見た記憶も鮮明に残っています。

Tomoとは友人を通して知り合ったのですが、実際に会ったのはその前の年に彼が帰国した際に彼の家族宅に遊びに行ったの最初です。
まぁ知り合ったのは音楽つながりで一緒にいる時間結構あるのになんもしないのも勿体無いなぁってことで、彼が考えていたベースラインから曲を作って行こうぜ!ってことになった次第。
当初、彼の自宅には家族に見放されたギターがあったので、それを使いながら作業を進めていたのですが、やっぱエレキギターの音欲しいよなぁと思い、同じくイギリス在住の友人「Naoto」宅からストラトキャスターをくすねてきて曲を仕上げて行くことに。(そのNaotoが彼を紹介してくれた訳ね)
それがこの企画の発端です。バンド名?ユニット名?どっちでもいいか、の由来はテキトーです。
Naoto宅での合宿の日になんかの拍子で出てきたような記憶があったりなかったり。
Tomoは新宮の出身で和歌山と言ってもあの辺は名古屋からそんな遠くないんでてっきりその意味知っているのかと思ったら、初耳だったそうで。
んでまぁそのフレーズが気に入ったらしく、この企画を始めるにあたり、それを名前にしようとすることに。

「ケッタマシン」

んでその時にできた曲の一つが「El Camino」。なので実際に2年近く寝かせておいたネタです。

タイトルはなんとなく数年前歩いた「Camino de Santiago」っぽなぁと思って命名しました。Tomoも気に入ってくれたようです。
また、当初から他の人とコラボしたりしながらやれたらいいなぁと言うことでようやくここにきて実った訳です。
今回はイギリス中部地方の町 Royal Leamington Spa のブルースバンド 「The Swaps」の「James」にギターとボイスで参加してもらいました。
あれ、コルトレーンのimpressionsみたいでカッコいいなぁと勝手に私自身思っています。

と言うことで今後もこの企画続けていきたいと思っていますので、みなさま今後ともよろしくお願いします。
チャンネル登録よろしくオネゲ〜します!

あっ?ケッタマシンですか?すっかり忘れてました、東海地方でのチャリンコの通称です、はい。
みんな知ってるってね。。。