タグ別アーカイブ: iConnectivity

続々モンスター

img_6735
ラックに配置しただけで満足している訳ではありません。実際に使ってみてUSBケーブルでデバイスに繋げるだけでiOSの音楽アプリをコントロールできるのはとても素晴らしいと思いました。複数のiOSデバイスもOK。今回使ったDAWはAbleton Live。あ!Ableton Linkがあるジャンって一度も試したことないのでそこはスキップ。とにかくデバイスを触ろう。個人的にはReasonが好みなんですがこのReason MIDIクロック同期出力が1系統しか出来ないと言う弱点がありお試しはLiveにした次第です。(Reasonで複数のMIDIデバイスにclockを送信するのであればMIDI thruを使うとかLiveのRewire経由とかでリカバリは可能でしょう。ただしMIDI thruであればiConnectは関係ないですね。)ケーブルコネクト。iPadのRebirthを立ち上げる。Live再生スイッチオン!動いた!よしいいぞ!さて気になったレイテンシー。クリックをならす。・・・やはり。遅れる。iConnect>DAWで使うのであればソフトシンセはNGですね。外部音源なら一度DAW通して音を出すとかしないと。う〜んどうしたらいいんだろとまずはLineケーブルをイヤホンジャックに差したら音声出力がイヤホンジャックに切り替わりました。あ!これ出来るんですね。iOSでBluetooth以外のオーディオデバイスの選択方法がわからなかったのですが、イヤホンジャックが最優先みたいです。これならレイテンシーなし。この設定で今後は使います。
さて今までほとんど触りもしなかったiOS音楽アプリ。どう言う使い方があるんでしょうか。
例えば出先で着想した音をiOSアプリに記録。家に帰ってDAWに録音。見たいなことすればiPadとかはスケッチブック代わりみたいにもなるのかな?ほかにもiMS20とか今回使ったRebirth, iElectribeなど同期させてライブでやると言うのも面白そう。まずは1日目にしていい買物したと思っています。
img_6734
さて次いでの話ですが、iConnectのマニュアル読んでいてMacの仕様を新たに発見しました。と言うか知らんかった自分が馬鹿だったのか。。。Audio MIDI設定で複数のオーディオI/Fを一つのデバイスとして使える設定ができる!今までScarlettとTAC-8をADATリンクして16chとして使うようにしていたのですがこれでOpticalケーブルなしで16ch一発録音ができます。まだレイテンシーがどうなるかわかりませんがそのうち試してみようかなと。そしてまたヒッキー生活へと邁進ですか。ね。モンスター?あ!忘れてた。今日発見した全てがモンスター級でした。

続モンスターデバイス

img_6702
img_6715
いやぁ、本当に合うネジがあって良かった良かったとうちに戻ってきて早速取り付け作業を始めることに。ハーフラックマウント用のアダプタを取り外し裏返してiConnectMD4+をくっつけネジ止めしてみる。「あれ?あれれ?」進まない。「あ〜〜!アダプタのネジ穴がネジより小さい!!!」何てこった。想定外も想定外。キレイにラックに並ぶはずのアルミ外観デバイス我が家で流浪民となってしまうんかい?でも、先っちょは入るんよ。なんとかならんかい。
img_6710
もうちょっと大きくならんかい?うちにはドリルとかないけどとにかくねじ込んでみようと思いました。
ヤスリで穴を削り(ホントに削れてるのか?)、あとちょっとでiConnectMD4+に入りそうだったネジを試してみることに。これも始めはダメでしたが強引にねじ込んでなんとか入りました。これでちょっと大きくなったかな?と思い再チャレンジ。結果。。。。ノ〜〜!!!
img_6707
呆れめません、掘るまでは。ハンズで買ってきたネジで試してみる。思いっきり体重を乗せる。こんな時くらいしか役に立たないオレの体。結果、ねじ込めた!!!
img_6708
よし、これでなんとかなると思って、そのネジをデバイスに付けてみる。あれ?途中から入らなくなる。そう、ネジがアダプタの穴を通ったのはネジが削れたからだったんです。でもまだ希望は捨てない。今の作業で少しは穴も大きくなったはずだ。再度挑戦。通った。デバイスに付ける。やっぱり途中までしか入らない。まだネジはある。何れにしてもダメなら使い道ないし最後まで使い切ってしまおう。と言うことで3本目。今度はちょっと入ったところで叩いてみる。これで少しは開くんじゃないのか?ねじ込む。通った。今までで一番スムーズに通りました。よしこれならと言うことでデバイスにも。おぉぉおぉお!!!入ったよ。やったよ。3本目にしてようやく取り付けることができました。
img_6718
このラック用アダプタはRoland製でネジを通す部分が凸になっていてデバイスの凹と合わせるようになっています。実際VF-1はそうなっています。
しかしiConnectMD4+と言うと
img_6717
これではネジをしっかり締めたとしても全く安定しないです。そこで設置面との間に滑り止めシートを挟むことにしました。隙間も埋めて滑りも止める一石二鳥。と言うことで無事にラックにおさまりました。ホントにここまで設置に苦労するとはまさしくモンスター級。ってそのモンスターじゃない?せめてネジの規格だけでも説明書に欲しかったです。。。
img_6716
img_6713
img_6721
そして体を張ってがんばってくれたネジくんたち。
img_6723

モンスターデバイス

img_6701
MIDIポートもっと欲しいなぁ、と思って見つけた”iConnectMIDI4+ Lightning Edition”届きました。
これ仕様見ててすげぇと思って感心しているうちにポチッとしていました。どんなにすごいかって?MIDIポート(INOUT)4系統、3つのUSBデバイスが接続可能、EthernetでWifiルータに繋げることでMIDIワイヤレスコントロール可能、USBで繋げたデバイスの音をDAWに直接出力可能などなど。例えばiOSの音楽系アプリをMIDI同期してその音をそのままDAWに取り込むことができます。ルーティング機能などまだ他にもいろいろあるのですが、DAWでiOSアプリを扱うにはとても魅力的デバイスです!って思ったからこそポチッとしたのですが、しばらくして「レイテンシーどうよ?結局送った信号で出力した音をまたインタフェイスに戻してマスタのDAWに出すんでしょ?ちょっと心配だし、来月まで我慢して”iConnectAUDIO4+”にしようか」と思ってキャンセルしようとしたものの既に出荷されてしまっていました。でもよく考えてみたらうちには既2台もオーディオインタフェイスあるし、そもそもの同期戻って商品が来るのを待つことにしました。ピンポーンではなくうちの呼び鈴は「ブ〜〜〜」と言うブザー音。届きました。
早速取り出し見てる。おぉ、MIDIポートがいっぱいに加えてUSB Bコネクタが3つ、Aコネクタが1つ、Ethernetポートが1つ、やっぱりオーディオポートはなし。
img_6697
img_6696

iConnectMIDI4+ハーフラックサイズと言うことなのでVF-1の横がちょうど空いているのでそこにぶち込むことにしました。まずは自宅で取り付け可能なネジがあるかどうか探してみましたが、惜しいサイズはあるものの残念なことにどれもダメ。それではと言うことで東急ハンズに買い出しに。サイズがわからなかったので実機を持参して行き、店員さんに相談したところ「これ外国製ですかね?」と尋ねられる。もちろん、「はい」と回答。「国内規格のネジが入らないですね。あんまり種類はないですがこれなら大丈夫です」と言うことで1/4インチのネジを持ってきてお試し。バッチリ!1つしか必要ないけど販売単位が6個入りなので1パック購入。これが後々大きな結果をもたらします。