Eye-Fi」タグアーカイブ

RDSync その1

先日長らく愛用していたEye-Fiカードの書込ロックの爪が折れてしまいました。



Eye-FiカードはSDカードなんですが、以下の機能を持ち合わせます。(Wikipediaから引用)

このカードを使用することで、メモリカードをデジタルカメラから取り出したり、デジタルカメラをパソコンに接続することなく、記録した写真データや動画データを無線LANによるワイヤレス通信でパソコンに転送したり、オンラインアルバムや写真共有サイトなどの各種オンライン写真サービスにアップロードすることが可能となる。また、iPadやiPhone、Androidデバイスに直接転送することもできる。

また2016年に製造停止、サービスはRICOHの研究開発子会社が引継ぎましたが2018年にサービス提供終了しています。
これを使うことでいちいちSDカードの中の写真を手動でコンピュータのディスクにコピーする手間を省くことができてとても重宝していたわけです。
ここ最近は無線LANでの転送が機能しなかったんですが、とりあえずコンピュータに接続したら自動でコピーしてくれていたのでそれでもまだ使い勝手はよかったと思います。
東芝からEye-Fiと同様な機能を持ったFlashAirと言うSDカードが発売されているのですが、これが結構いい値段で、まぁ手作業でコピーの手間はあるけど特別な機能のないカードを購入しました。
SDXC64GBお値段は990円と激安。ここ数年SDカードを買うことがなかったので、この金額には少々驚きました。

以前に使用していたEye-Fiカードは自動でファイルを転送(コピー)してくれるだけでなく、日付毎にフォルダも作って振り分けてくれてたんですね。この機能自体も個人的には気に入っていて、これ手動でやるの結構面倒なので、何とかならないかなぁと思ったわけです。
そんなわけで久々に.NETでプログラム書きたいなぁと思ったのもあって作り始めることにしましたよ。
続きを読む

SugarSync 既存メディアがアップロードできない

iPhoneに保存しているファイルをSugarSyncにアップロードできない問題発生。
「無効なアップロード」とダイアログが出て、「デバイス設定で位置情報をONにしてください」
と言われてたんだけど、iPhoneの位置情報設定にSugarSyncがリストされていない。
ググってもそんな問題誰も上げてなく、結局一度消して再度インストール。
んでもってインストールし直したら、ちゃんと位置情報設定にSugarSyncがリストされていました。
これで問題なくiPhone上のファイルをSugarSyncに同期できるようになりました。
キャプチャー撮っておけばよかったね。
最近クラウドストレージの話がかなり熱くなって来ているけど、個人的にはSugarSyncがお気に入り。
まぁこいつの使い勝手の比較はいろんなところでされてるけど、
任意のフォルダを同期できるという点では断然SugarSyncが便利!
ちなみにSkyDriveはMacだとOS10.7以降じゃないとNG。
GoogleDriveはストレージの容量、Picasa&Gmailと統合してくれるものだと願っていたのに。。。
任意のフォルダの同期ができないという事で、(DropBox, SkyDriveと同様に私が気に入らない点)
使うのは却下で、さっさとアンインストールします。
という事で写真も全部SugarSyncにするか。問題はEye-Fiか。。。

新システム検証

アキバリーグやライブで録った映像をその場でアップロードしよう!ということを考えてみました。

イメージのフローのまんまですが、

まず撮影
雨の日のことを考えて防水のSanyo Xacti DMX-CA9を使っています。

実際に雨で活躍したこともあります。
アキバリーグ 2009年12月5日 ラガッツォ vs マカカーダ 後半戦

このXactiに今回入手した新兵器その1
Eye-Fiカードを差し込んで、Xactiに保存したファイルをWifiを転送させる。

そしてその一番最初の中継地点は新兵器その2
EmobilePocket Wifi

それから3GネットワークでYoutubeに転送させようという妄想していました。
YoutubeへはEye-Fiで設定して保存したファイルを勝手に転送させることができます。

そんなわけで実際にアキバリーグの試合時間と同じ10分間撮影してPocket Wifi経由でアップロードを試したわけです。

以下進捗状況
20:20 撮影開始
20:30 撮影終了
20:31 自宅の無線LAN経由でアップロード開始
20:32 Xactiの電源Off
20:35 非常階段でPocket Wifi経由でアップロード開始
21:00 0パーセントアップロード
21:30 2パーセントアップロード
22:00 4パーセントアップロード
22:30 Xactiのバッテリー切れ

という結果で終わりました。
そもそも700MBのファイルをモバイルであげること自体が無謀だったのかも。
100Kbyte出たとして7000秒 117分。
Xactiのバッテリはあんまり持ちがよくないので録画70分再生で120分にEye-Fiを使うことによって更に消費されることから、いくら頑張ってもアップロードは完了しないのです。
さて、今後のEye-Fiの使い道を考えねば。