タグ別アーカイブ: ランニング

足裏な話 (brooks pureflow) – ダイエット日記


さて1ヶ月以上継続的に外で走るなんて過去にもなかったことなんですが、振り返ってみると1月に走破した距離は122km。

これが多いのか少ないのかはわからんのですが、かなりがんばっちゃったねと言うのが今の感想。その前が0だったんでこりゃかなり負担かかっていたのかとも思います。そんなこんなでランナーズハイを未だに理解していないまま、今日も走ってきたのですが、疲れているのは体だけではなかったようで、靴をひっくり返してみたらあら?

ソールがもうかなりすり減っておりました。走り始めた当初も一度見たのですが、その時はまだ溝は残っていたことは残っていたんですよね。と言ってもこのシューズ既に購入してから5年。いくら走っていなかったと言ってもいい年月です。とどめは最近始めたジョギングで間違いないのですが、やっぱり新調することにしました。購入先はいつもお世話になっている近所の楽歩堂新宿御苑店。(と言っても最近はメンテナンスばかりで靴はここ数年買っておりませんが。。。)まずは体型も変わりつつあるので足の状態を見てもらうことに。まずは足裏スタンプ。それから足のサイズ計測。(縦幅以外にも周囲も見ます)その後膝を曲げ伸ばしして脚の動きも見てもらいます。足裏チェック!アーチが以前に比べてかなりキレイに出来ていることがわかりました。あれです握りこぶしを小指の方でスタンプした感じです。(写真撮ってくりゃよかった)ただ気になったのが右足小指がつけていないこと。担当していただいた店長さん曰く、膝が外側に曲がっているのでそれを親指が内側に戻そうとする結果小指の方に重心がかかっていないらしいとのことでした。う〜〜ん、かなりな状態ですよね。想像したらちょっと痛い。んでその結果を受けて幾つか靴を用意してもらいました。
1. Brooks Grycerin
2. Brooks Pureflow
3. Brooks Ghost
アーチのサポートがないタイプ(Neutralと言うらしい)の3点。足がより自然体で運動ができるそうです。よくわかりませんが、そんな説明を受けたはず。なぜBrooksかって?多分楽歩堂さんがそれをメインに扱っているからだと思います。個人的にデザインはGrycerin面白そうだなぁと思い、実際フィッティングでもかなりいい感じでしたが最終的に選んだのはPureflow。

一番の理由は価格なんですけどね。既に販売終了モデルで2割引と言うこともあってと言うことです。で実際に履いてみたところ、「何じゃこりゃ?」という感じ。大きな理由はかかとの部分にあると思うのですが、足を付いた時にちょっと不安な感じです。が、これによってより自然に足が前にでるらしいとのこと。悪くはない。ちょっと悩みましたが最終的にこれに決定。次回からの走りがちょっと楽しみです。


慣れるまでにちょっとかかるかもしれませんが、あとおまけに貰ったバッグ。Brooksオリジナルの物らしいです。走る事自体私自身は孤独なものだと考えていたのですが、これちょっとなんか心が和らぎますね。っつう事で新たなギアを手に入れたからにはもう後戻りはできないです。実際使ってみての感想は後日また。多分。

トレーニンググッズ その2

さて、前回
ウォーキングシューズ「chung shi」とデイパック「Haglofs Tight Pro
のお話で終わってしまいましたが
今回はその続き。
どこまで行けるかわかりませんが、とりあえず進めます。

asics レーシンググローブ XTG191 (ブラックXオレンジ)


Gallery 2 新宿店にて購入。
ランニンググローブ一つとってもいろんな種類があり
かなり悩んだ末に買いました。
当初考えていたのは、比較的薄めで着脱が簡単なもの、滑らかな生地。
理由は
●走っているうちに体が温まっても、あまり気にならない。
●鼻水すすってもこわばらない。
●外しても、ポケットにコンパクトに収納可能
ということ。
そんなわけで、この手袋を選びました。
使った感想は、
走っていても気にならない。
寒い日はちょっと冷えますが寒さ対策には十分。
体が温まってきても、違和感なく走り続けられる。
軽くて、コンパクト、ポケットにも簡単に入る。
鼻水は?もちろん拭きますよ。もちろんこわばらない。

※ミズノ製の
「鼻水対策拭いても大丈夫!」
みたいなグローブがあったような気がしたのですが、
今ネットで検索しても見つからないです。

という感じで、重宝しております。
知る人ぞ知るオレンジ好きな私にとって
このカラーリングは有りだと思うのですが、
なぜか、いまいち愛着がわかないのは、
読売ジャイアンツ」イメージしてしまうからでしょうか。

E-mobile Pocket Wifi + 大容量バッテリー HLI-E5830XL


Pocket Wifi はウォーキング時にいつもデイパックに入れています。
歩いている時はいろんな発見があるので、
それをtwitterでつぶやいたり、写真を撮ってinstgramに投稿したり
ひらめいたり、気づいた事をEvernoteに記録したり
インターネット経由でそれらのサービスを利用しています。
「パケット通信でいいじゃん!」
という意見もあるかと思いますが、
コンピュータ持ち歩いたりする時もあるので、
通信費削減という事でPocket Wifiを使っています。
使い始めた当初は、そのバッテリーの持続時間に泣かされていて、
EneloopのUSB ブースター KBC-L2A (現在はKBC-L2AS)を持ち歩いて
常にバッテリーの補充を気にしていました。

※ 現在、ラインナップが変更になって
出力500mA の機種がKBC-L2AS
出力1A の機種がKBC-L2BS
となっています。
両者とも充電量は同じで違いは出力のみとの事。

そこで予備バッテリーが欲しいなと思い見つけたのが
HLI-E5830XL
装着した時は、見た目のスタイリッシュさは消え、
「お弁当のおかず入れ」を想像させられたのは事実。

友人からは「これじゃ Pocket Wifi じゃない」と冷やかされたりしてます。
しかし、バッテリーの心配はどこへ飛んで行ったやら。
ばっちり一日持ち歩いても電池切れはありません。
ただし、今でも万が一のため KBC-L2A は持ち歩いています。
見た目を気にしない!という事であれば
この大容量電池パックHLI-E5830XLはお勧めです。
Pocket Wifi の通信状況ですが、
相殺してもSoftbankの通信状況よりベターというのが私の考え。
ただし、都内、特に23区内を行動範囲とする私なので
地方の状況は実際のところわかりません。
1月に旅行した時、完全アウトの平戸を除けば
長崎県内では、長崎市内、佐世保市内、島原市内、原城跡地
雲仙温泉、小浜温泉においてはほぼ通信できました。
小倉、門司港、下関の唐戸市場もOK。
※ただし島原市の武家屋敷街、小浜温泉で泊まった宿はNG

実は新宿駅など人が集まるところでは
アンテナ立っててもあまり通信状況がよくないという事もありますが、
(接続ユーザー数の問題もあると思います)
今後も Pocket Wifi は持ち歩いて参ります。

参考までに1月どの通信費用を。
Softbank:約3500円
E-Mobile:約5000円

あら?今回も2つのアイテムだけでかなりのボリュームになりましたね。
という事で続きは次回という事で。