Wise Up by Aimee Mann

マグノリアからWise Upのコードを拾い出してみました。
ということで、さっそく始めてみましょう。
|G+9 D |G+9 D |G+9 D |G+9 D |
|G+9 D |G+9 D |Bm    |G D |
|G+9 D |G+9 D |Bm    |G E7 |
|G+9 E7 |G E7 |G+9 E7 |G E7 |
|D A |C G |G+9 D |G+9 D |
|G+9 D |G+9 D |Bm    |G D |
|G+9 D |G+9 D |Bm    |G E7 |
|G+9 E7 |G E7 |G+9 E7 |G E7 |
|D A |C G |G+9 D |G+9 D |
|G+9 E7 |G E7 |G+9 E7 |G E7 |
|D A |C G |G+9 D |G+9 D |
|G   |E7   |
|G+9 E7 |G E7 |G+9 E7 |G E7 |
|D A |C G |D A |C G |
|D A |C G |
|G+9 D |G+9 D |G+9 D |G+9 D |
|G+9 D |G+9 D |G+9 D |G+9 D |
Aからサビへの展開とサビのメインのラインとなるG→E7の流れでで出てくるE7。
これは理論上なんというのにあたるのでしょうか?
サビの歌いだしであるAの音に行きたい雰囲気が感じるんですよね。
あとはサビの最後に出てくるD→A→C→Gの展開。
G→E7と同じメロディが違うコードに乗っているのですが
このD→A→C→Gでかなり落ち着いて1コーラスが締められている感じですね。
というかG→E7では終われないでしょうというのが私の言い分。
曲の構成は
ピアノ+ボイスで始まり、ストリング、リズム、コーラスが入ってきて盛り上がっていきます。
ブリッジの|G   |E7   |からのサビで最高潮に達し
そして最後に”あとは諦めるだけ”でオチみたいな展開です。
あとストリングの音が暖かい!
ラストの部分、こんな音に包まれて寝てみたい私です。
ちなみに今回はカバーしてみました。
ピアノは弾けないのでギターをメインにしてテンポアップ。
ついでにあの曲のリフっぽいのを入れたところ・・・、
あら?@#%&*!みたいになっちゃいました。
すみませんといっておきます。