MusicMatch

多くの人がAimee Mannの人との出会いはマグノリアと言ってますが、
実は私8年ほど前、バスクのビルバオという町を訪れたときに行った公園で、
「これはマグノリアの花で、映画のタイトルにもなってるのよ。」
と彼女に言われて、その映画の存在を知ったのが初めてで
それ以降もAimee Mannを知るまで見ることはありませんでした。
かといってそのときマグノリアを見たら、Aimee Mannが気に入ったのかと?いえば、それもよく分からないわけで。
そもそも私自身Aimee Mannの存在を知ったのは、MusicMatchという音楽配信サービスがきっかけでした。
(ちなみに現在MusicMatchはYahoo Musicに統合されています。)
初めて聴いたのは確かHumpty Dumptyだったかな?
こいつは誰だ?ということで、ネットで調べてみて、それがAimee Mannだということを知ったのが最初。
早速、MusicMatchのオンデマンドサービスですべての楽曲を聴き、更にはまっていったわけです。
初めて買ったアルバムはLost In Space。
ビックカメラのポイントカードで買ったというか、ビックカメラに彼女のアルバムがあったのさえ今考えるとありえないことと思えたり。
(ビックカメラで音楽CDを買ったのは後にも先にもこれきりです)
んでまぁ、彼女がどんな人なのかはあえて私が説明する必要はないでしょう。
皆さんネットでソースが落ちているのでそちらで確認してくださいな。
Wikiペディア
当初の私の印象は、幸がなさそう、ハリセンボンはるか。
怒られそうですが、とりあえず率直に言っておきます、すみません。
んで、ライブで実際見た感じは、ちょっと遠かったけど
スラッと背の高い、賢そうな女性という雰囲気でした。
(メガネにだまされたか?)


しかし、MusicMatchのサービスはよかったですね。
日本ではJukeBoxというソフトウェアでしか知られていないかもしれませんが、音楽配信サービスの先駆けだと私は思っています。
当初は独自の音楽再生ソフトでラジオ形式で音楽を配信し
流した楽曲のCDを販売するチャネルだけしかなかったのですが、
そのうち、オンデマンドサービスやダウンロード販売まで手がけるようになって行きました。
最終的にYahooに買収されてしまいましたが、その功績はかなり大きかったと思います。
ちなみにAppleとはiPod問題で一戦交えていますね
MusicMatch、なんか凄く懐かしい。
ところでYahoo Musicに私のアカウントあるのかな・・・。