Aimee Mann のI’m with Stupid はロック!

久々にAimee Mannの話。
家でSPD-Sを使って、彼女の曲と一緒にドラムの練習をしたときに感じた事。
はじめ、「Lost In Space」で初めて居たのですが、
な〜〜んか退屈だと思ったので、
ディスクを「I’m with Stupid」に換えてみる。
おぉ、なんかこっちはなんか楽しいなと思った。
どっちのアルバムが好きとか嫌いとか言うレベルでなく、
お気に入りなのだが、
よく考えてみよう、何の差なのか?
「I’m with Stupid」の方が明らかにロック色が強いというのと
曲のテンポが早いのだ。
あとなぜかBig Muffっぽい音が
ものすごく大胆に使われているというのもありますね。
Lost In Space」では
いい意味落ち着いたということも言えるのでしょうかね。
そういう事だったのか。ということで、
ほかのアルバムも一緒に叩いてどんなものだろうかと
試してみようかと思った次第。

もう一度いうけれど、
どちらのアルバムも私のお気に入りに間違いはないです。