川苔山

From 2013-01-26 (by Eye-Fi)

昨年から始めた山歩き。
旧年中は1ヶ月に1回くらいのペースでしたが、
今年はもう少し積極的にトライしようと思っています。

そんなわけで昨日は奥多摩の川苔山に行ってきました。
本音、かなり辛かってです。
体力不足もありますが、いつも通り心拍数がかなりあがり
途中かなり危ないなとおもった地点もありましたが、
何とか登頂して無事に下山しました。

前日に調べた奥多摩駅発のバスの時間は8時2分。
最寄りの駅からは5時40分発の電車に乗らなきゃ行けないのですが
覚醒したのは5時半。この時点でまず心が折れそうになり、
「やっぱり午睡込みでサルか。。。」と思いつつ
再度、バスの時刻表を確認。
「鍾乳洞方面行き、え〜〜っと、あ!」
土日祝日はなんと8時35分発のバスがあるじゃないですか!
と言うことで、気持ちを切り替えて、朝食もしっかり食べて出発。

新宿発6時44分の中央特快に乗車。
めちゃくちゃ接続がよくて、奥多摩には8時28分着。

From Jan 26, 2013

(ちなみに青梅線は都内でも珍しく、ドアの開閉は手動。
まぁ、乗降客があまり多くはないから問題ないのかな。
しかし、冬は本当に助かりますね。)

ハイカーが一杯で、バスがピストン輸送と言う訳にいかず、
たったの1台。やばい、乗り遅れられない。

電車を降りたらトイレに駆け込みさっさと済ましてバスに乗る♪
※銀蝿風にお願いします。
(猶予時間7分。滑り込みセーフ!)

東日原行きのバスに15分ほど乗車して川乗橋にて降車。

From 2013-01-26 (by Eye-Fi)

いよいよスタート。
しばらく舗装した道路を行き、2.5kmくらい行った所で山道に入ります。

From 2013-01-26 (by Eye-Fi)

途中から凍結箇所も増えてきたので、軽アイゼンを装着。

From 2013-01-26 (by Eye-Fi)

まずは最初の目的地、百尋の滝。
(始めなんと読むかわかりませんでした。千と千尋を思い出して納得)
「うぉ〜、超キレイ!」
凍結した滝があまりにも美しすぎます。
自然の美ってすばらしいですね。
一日とかでできた訳ではないのでしょう。
冬の寒さで徐々に水が凍って、この形状を作り出したんでしょうね。
感動が一杯、お腹いっぱいですが更に道は続きます。

From 2013-01-26 (by Eye-Fi)

ここから先は、かなり急な斜面があり、かなりしんどかったです。
雪も深くて、いろんな足跡が残っていて、本当に迷惑!
しかしながら、雪山遭難するのもわからないでもないなと。
と言うことで、絶対に大変そうな雪山は行かない事を決意。

あとは山頂までがんばるのみ。
しかし、心拍数がエライ高くなっている気配がして、
例のごとく呼吸のコントロールが怪しくなる始末。
このまま引き返してもしょうがないので、
とにかくゆっくりでも休んででも先に進むことに。

From 2013-01-26 (by Eye-Fi)
From 2013-01-26 (by Eye-Fi)

ようやく視界が開けて山頂が見える分岐点までたどり着き
後は一気に(とまでいかないけれど)山頂へ。
風もあって結構寒い!
しかし、カロリーメイトとチョコレートでは寂しい。
せめてもの救いは温かいお茶が飲めることか。
Thermos製品最高です。
荷物が重くなるは本当に嫌なのだが、
そろそろ、山頂レストランも始めることを考えようかと思う。

後は下山。
始めは古里に抜けようと思いましたが、
鳩の巣駅に出るコースを選びました。

From 2013-01-26 (by Eye-Fi)

途中、ミミズクと遭遇したり、
かなり疲れてましたが無事に下山できました。
しかし、アイゼン引っ掛けて転倒した時は
マジでヤバいと思った。。。

今回の教訓。
もっと体力をつけること!
以上。
今年の夏に控えているメインイベントに向かって
それしかないだけなのである。