続々モンスター

img_6735
ラックに配置しただけで満足している訳ではありません。実際に使ってみてUSBケーブルでデバイスに繋げるだけでiOSの音楽アプリをコントロールできるのはとても素晴らしいと思いました。複数のiOSデバイスもOK。今回使ったDAWはAbleton Live。あ!Ableton Linkがあるジャンって一度も試したことないのでそこはスキップ。とにかくデバイスを触ろう。個人的にはReasonが好みなんですがこのReason MIDIクロック同期出力が1系統しか出来ないと言う弱点がありお試しはLiveにした次第です。(Reasonで複数のMIDIデバイスにclockを送信するのであればMIDI thruを使うとかLiveのRewire経由とかでリカバリは可能でしょう。ただしMIDI thruであればiConnectは関係ないですね。)ケーブルコネクト。iPadのRebirthを立ち上げる。Live再生スイッチオン!動いた!よしいいぞ!さて気になったレイテンシー。クリックをならす。・・・やはり。遅れる。iConnect>DAWで使うのであればソフトシンセはNGですね。外部音源なら一度DAW通して音を出すとかしないと。う〜んどうしたらいいんだろとまずはLineケーブルをイヤホンジャックに差したら音声出力がイヤホンジャックに切り替わりました。あ!これ出来るんですね。iOSでBluetooth以外のオーディオデバイスの選択方法がわからなかったのですが、イヤホンジャックが最優先みたいです。これならレイテンシーなし。この設定で今後は使います。
さて今までほとんど触りもしなかったiOS音楽アプリ。どう言う使い方があるんでしょうか。
例えば出先で着想した音をiOSアプリに記録。家に帰ってDAWに録音。見たいなことすればiPadとかはスケッチブック代わりみたいにもなるのかな?ほかにもiMS20とか今回使ったRebirth, iElectribeなど同期させてライブでやると言うのも面白そう。まずは1日目にしていい買物したと思っています。
img_6734
さて次いでの話ですが、iConnectのマニュアル読んでいてMacの仕様を新たに発見しました。と言うか知らんかった自分が馬鹿だったのか。。。Audio MIDI設定で複数のオーディオI/Fを一つのデバイスとして使える設定ができる!今までScarlettとTAC-8をADATリンクして16chとして使うようにしていたのですがこれでOpticalケーブルなしで16ch一発録音ができます。まだレイテンシーがどうなるかわかりませんがそのうち試してみようかなと。そしてまたヒッキー生活へと邁進ですか。ね。モンスター?あ!忘れてた。今日発見した全てがモンスター級でした。