大学で学んだこと


今更ながら大学で何を勉強したっけなぁ?と振り返ってみたり。焚き付けてくれているのは最近気になるこのテーマなんだけど経済学概論で覚えているのは「需要/供給曲線」とか「経済学で学ぶ人とは感情はない」なんて程度と言ってもコレすら怪しいのが本当のところ。今回読了したのは経済学者の橘木氏と山森氏の対談。2人の立場が見えてとても面白い内容。企業はこうあるべきであったとか、社会保障の限界とかいやそうでもなくてちゃんとやればできないことはないとか、いやちゃんとやったら今よりコストはベラボーにかかるとか個人個人の考え方を変えないとダメだとかいろいろ勉強になった。経済学と言うか、社会の仕組みを考えたりするのって結構面白いもんだと思ったり。この本自体は2009年に発行された物だけど今発生している問題点とかシッカリ見据えている2人の意見に感銘したり。まぁ否定派の人は何言ってんだ?とか思うかもしれないけどしばらくはコレもっと学習して行きます。ノーベル経済学賞とかすっかり私の脳みその外側だったけどちょっとその辺も調べてみたいなとも思った次第。まぁピケティとかにもぶつかるのかな。それよりもまずは知識をインプットから。本当あの4年間オレは何をやっていたんだろう?と思う今日この頃。レスリスバーガーとかって何だっけ?
そしてブレスト
給付金 控除 定率課税 最適税率 所得税 法人税 捨てる 効率性 企業 社会保障費 負担 労働者 生活 責任 最低賃金 生活 足りる