月別アーカイブ: 2020年6月

Tokyo Drifting by Another Eden


今回は私が参加するバンド「Another Eden」の新しいビデオクリップを紹介します。

この曲は私が以前Kawazou氏とやっていたユニットで作ったSocial Signalsが原曲となります。
ReasonのソフトシンセThorで面白い音ができ、これを曲に使えないかなぁと思ったのが始まり。

シンセ、ギター、シンセベース、サンプリングの音を重ね、基礎を築き、最終的にKawazouのボイス、MS20を加えたのがSocial Signals。
雰囲気はどうなんだろ、都会ノイズ、田舎ノイズ、産業ノイズ、電子ノイズ、楽器ノイズ、なんかいっぱいごちゃごちゃなんだけど、その上に優しさ、破壊感。作った自分だからなんでも言えますよね。基本は凄くシンプルなんだけど、音のコントラストで表現しようと思ったんじゃないのかなと勝手に思っています。
んで、これロックっぽくできないかな?と思いNaotoに聴かせたところ、是非 Anoter Edenでやろうと言うことに。それからイギリスでのレコーディングが始まり、当初はリズムマシンだけでしたが、自分でもドラムを叩くことにしました。
原曲の優しさ、破壊感を残しつつ新たに入れ直したギター、ボイス、ベース、バイオリンによってその装い新たにTokyo Driftingとして生まれ変わりました。
東京を意識してたかなぁ?いずれにせよKieron氏がこの曲の舞台を東京にしたのは私自身もかなり気に入っております。何はともあれいろんな人に聴いてもらえると嬉しいですよね。

A Stream To The Castle by Ketta Machine – イギリス中部の散歩が楽しい田舎町 –


あ!ケニルワースの話は既にしてましたね。
この曲は一番最初に手がけた曲。イングランド代表のキャプテンやるじゃん「ハリケーン」とか言いながら創っていたような。創っていた当初はサッカーの試合見ながら「それ黄色札!」とかの流れでそう言うタイトルにしちゃおうと思っていましたが、改めて僕らがその時にいた町に関した方がいいじゃんと言うことで「A Stream To The River」としました。
曲の根幹はTomoのベースラインを基に肉付けをしていき、最終的に鎌塚順二氏にリードギターを加えた作品となっております。
映像は僕らがその時に一緒にいたケニルワースを中心にイギリス在住の日本人の方々からいただいた写真を基に構成しております。(砂の城はホント感動しました、マジで。)
って最終的に至ったのはEl Cammino じゃん!みたいな。。。まぁ何事も道筋はあるって事で。ホント綺麗な映像といい曲に仕上がりましたわ。
次回はどんな感じになるんかねぇ。っt次は穴沢か。。。Blogも色々忖度しながら書かないけないねぇって、あんま考えてないけど。。。