日別アーカイブ: 2020/02/04

豆まきって名付けてみたけど


canvasを使ったプログラムを作ってみました。イメージは球体が動いてキャンバスを描き埋めるみたいな感じ。
球体が動く軌跡を50分の1の確率で残して壁または違う球体にぶつかったら音をランダムに鳴らします。音階はCメジャーのスケール。
球体が動くのはいいんですが、その軌跡の線を表示する部分がバグでうまく同期できてないんですがが、それもまぁ奇跡というかバグも表現の一つと言うことで。各色のスタートボタンを押すと球体が移動し始めて、更に同じボタンを押すとスピードアップします。ストップボタンを押すことで止まり始めますが、スタートボタンを複数回押した場合はその回数分ストップボタンを押す必要があります。Stop Allをひたすら押せばいつかは止まると言うクソプログラムってね。。。自分で言うかね。。。まぁ色々ボタンを押せば何か起こるので試してみてください。

今回はプログラミングというより数学のお勉強を兼ねながら作りました。いや、オブジェクトの移動とかってビジネスアプリケーションだとほとんどやらないのですがゲーミングプログラムって数学が必須なんだなぁって改めて痛感しました。気力があればプログラムの解説します。
実装したプログラムはこちらで確認できます。
(safariやモバイル端末のブラウザなどでは再生できないので悪しからず。)