カテゴリー別アーカイブ: Aimee Mann

え?まだ1ヶ月しか経ってないの?

あれから一ヶ月が経過した訳なんだけど、
何か自分が変ったのかどうかはいまいちよくわからないです。
ただし、自分自身の経験上
こんなにいろんな事があった一ヶ月はなかったなというのが本音。
こんなに沢山の人に出会ったり、再会したり、
いろんな事を考えたり、行動したり。
ちょっと贅沢すぎ。
一ヶ月前がはるか遠くに見えたりしたりします。
最初に変ったのかどうか書いたのだが、明らかに変ったんだと思う。
精神的なダメージは2年以上前から続いていたのですが、
いつかはそうなるんだとわかっていながら、
実際その瞬間になった時に更に大きなダメージがあるんだと言う事。
姉は最期は両親にしっかり守られ、多くの人に楽しく見送ってもらえて、
とても幸せだったんじゃないかな。
自分自身はそんな中で、
いろんなリスクをイメージし最終的にここまでやらなくちゃと思い、
その結果がすべて出た。
いや、全てではないんだけど、
最終的にその結果に繋がったという事だったら全てとも言える。
自分の甘えとか逃げている事とか何となくわかり始めてきているのは確か。
だからこれから何をするって言う訳じゃないけど、天職は見つけたと思う。
そのためにもっと勉強したいし、もっと沢山の人と出会いたい。
なぜなら、面白い。自分が楽しめないと人と一緒に楽しめない。
楽しむためには知識は必要。
一瞬でエベレストの頂上まで行ける能力があればいいのかもしれないけど、
自分にはそれがない事はわかった。
結局一歩一歩進んでいくしかないんだよね。
でも、やり方によってはいくらでも可能性はあるんだよね。
今回、これを知らせてくれたのは姉。本当に感謝。
いろんな思い出があるけれど、悔しい思いは忘れない。
それは、自分に取って今後やる事全てに関係してくると思うから。

まずは一番好きな人を大事にする事がその第一歩かな。
なんで、突然ドロンパがあったりしても、攻めないでください。m__m
といいつつ、自分が一番好きなのは変らないか^^;

まぁ、のんびり行きます。
田舎暮らしもちょっとできたし、
あちらにも強い協力者も見つける事ができた。
コンピュータがなくても、自分の力は発揮できる事も確認できたし、
人に教える事も学ぶことができて、
それが自分の気づきにもなるという事も。

本当の意味で自分の人生が始まるときが来たのかな。

もう言い訳は許されんよね?
楽しく行きますので、まだまだ関係者には迷惑かけます。

そんなshumatzと今後ともおつきあいください。

よろしくお願いしま〜す^^

こんな時に聴きたいね。 やっぱりAimee Mann

How Am I Different by Aimee Mann

今回の「Aimee Mannを聴く」は Bachelor No.2からHow Am I Differente

女性が恋に破れた曲なのはわからないでもないのですか、内容が結構えぐい。

別れた?相手へのかなり攻撃的な思いが歌われている模様。
さて私の勝手の解釈でのことですが。

彼と交わった後に私はお金を得るの?
私があなたの間違いを証明するまであなたはそれに気づかないの?
もし私があなたの思い通りになるなら、何がかわるの?
あなたはどう私をあなたの理想にしようとしても、
できないものはやっぱりできない。
だからって私はどう違うの?

と、勝手に意訳。

そのまま感じ取るとちょっとどころかえらい切ない歌。

でもすばらしい曲には変わりないです。

Aimee Mann のI’m with Stupid はロック!

久々にAimee Mannの話。
家でSPD-Sを使って、彼女の曲と一緒にドラムの練習をしたときに感じた事。
はじめ、「Lost In Space」で初めて居たのですが、
な〜〜んか退屈だと思ったので、
ディスクを「I’m with Stupid」に換えてみる。
おぉ、なんかこっちはなんか楽しいなと思った。
どっちのアルバムが好きとか嫌いとか言うレベルでなく、
お気に入りなのだが、
よく考えてみよう、何の差なのか?
「I’m with Stupid」の方が明らかにロック色が強いというのと
曲のテンポが早いのだ。
あとなぜかBig Muffっぽい音が
ものすごく大胆に使われているというのもありますね。
Lost In Space」では
いい意味落ち着いたということも言えるのでしょうかね。
そういう事だったのか。ということで、
ほかのアルバムも一緒に叩いてどんなものだろうかと
試してみようかと思った次第。

もう一度いうけれど、
どちらのアルバムも私のお気に入りに間違いはないです。